新型コロナウイルス世界保健機構(WHO)の声明・見解をまとめてみました。

ニュースウォッチ

世界的に感染を広げている新型コロナウイルスですが、世間や医師会からいろんな意見が飛び交っている中、世界保健機構(WHO)が指針を出しています。

世界の動きや実際の医療現場の様子を見て包括してくれる世界保健機構の声明・見解まとめてみました。参考にしていただけましたら幸いです。

志村けんどこの病院で亡くなった?闘病期間は?感染経路はしご酒が影響か?
...
【必見】新型コロナウイルス日本での感染者数と症状・予防についての最新情報
...

世界保健機構(WHO)の声明・見解

WHO(世界保健機関)が1月31日に緊急事態宣言を発表しました

中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」には該当すると発表しました。
これを受け厚生労働省では、WHOからの発表内容を精査した上で、必要な対応を講じてまいります。

中華人民共和国での新規コロナウイルス2019の発生に関する国際保健規則(IHR)(2005年)に基づき、WHO事務局長が招集した緊急委員会の第2回会議は、木曜日に開催されました。 2020年1月30日、13時30分から18時35分までジュネーブ時間(CEST)。委員会の役割は、国際懸念の公衆衛生緊急事態(PHEIC)の決定に関する最終決定を行う事務局長に助言を与えることです。委員会はまた、公衆衛生に関する助言を提供するか、必要に応じて正式な暫定勧告を提案します

事務局長は委員会を歓迎し、彼らの支援に感謝した。彼は会議を議長のディディエ・フッシン教授に引き渡しました。

Houssin教授も委員会を歓迎し、事務局に発言しました。

コンプライアンス、リスク管理、および倫理の部門の代表が、委員会のメンバーにそれぞれの役割と責任について説明しました。

委員会のメンバーは、機密保持の義務と、利益相反とみなされる可能性のある個人的、経済的、または専門的なつながりを開示する責任を再認識されました。出席した各メンバーは調査され、利益相反は会議に関連すると判断されませんでした。前回の会議以降、変更はありませんでした。

その後、議長は会議の議題を見直し、発表者を紹介しました。

中華人民共和国保健省の代表は、現在の状況と取られている公衆衛生対策について報告しました。現在、全国で7711件の確定症例と12167件の疑わしい症例があります。確認された症例のうち、1370人が重症で、170人が死亡しています。 124人が回復し、病院から退院しました。

WHO事務局は、他の国の状況の概要を提供しました。現在、18か国に83の症例があります。これらのうち、中国への旅行歴がなかったのはわずか7人でした。中国以外の3カ国で人から人への感染がありました。これらのケースの1つは深刻であり、死亡者はいません。

委員会は、最初の会議で、このイベントがPHEICを構成するかどうかについて、異なる意見を表明しました。当時のアドバイスは、このイベントはPHEICを構成しないというものでしたが、委員会のメンバーは状況の緊急性に同意し、委員会は同じ結論に達した翌日に会議を継続することを提案しました。

この2回目の会議は、症例数の大幅な増加と確認された症例を報告する追加国を考慮して開催されます

 

スポンサードリンク

結論とアドバイス

委員会は、中国政府の最高レベルのリーダーシップと政治的コミットメント、透明性へのコミットメント、および現在の流行を調査し封じ込めるための努力を歓迎しました。中国は迅速にウイルスを特定し、そのシーケンスを共有したため、他の国は迅速にウイルスを診断し、自分自身を保護することができました。その結果、診断ツールが急速に開発されました。

国が取った非常に強力な措置には、WHOとの日々の接触や、さらなる拡散を防ぐための包括的なマルチセクターのアプローチが含まれます。また、他の都市や県でも公衆衛生対策を講じています。ウイルスの重症度と伝染性に関する研究を実施し、データと生物学的資料を共有しています。国はまた、彼らの支援を必要とする他の国と協力することに同意しました。中国がとった措置は、その国だけでなく、世界の他の国々にとっても良いことです。

委員会は、WHOとそのパートナーの主要な役割を認めた。

委員会はまた、まだ多くの未知のものがあり、1か月で5つのWHO地域で症例が報告されており、武漢外および中国外で人から人への感染が発生していることも認めました。

委員会は、各国が疾患を早期に発見し、症例を隔離して治療し、接触を追跡し、リスクに見合った社会的距離を置く措置を促進するための強力な措置を講じる限り、ウイルスの拡散を阻止することは依然として可能であると考えています状況が進化し続けるにつれて、感染の拡大を防止および低減するための戦略的目標および手段も進化することに注意することが重要です。委員会は、発生が現在国際懸念の公衆衛生緊急事態の基準を満たしていることに同意し、一時的な勧告として発行される次のアドバイスを提案しました。

委員会は、PHEICの宣言は、中国とその国民への支持と感謝の精神、および中国がこのアウトブレイクの最前線で講じた行動、透明性、そして、成功。グローバルな連帯の必要性に沿って、委員会は、それに対する追加の支援を必要とするかもしれない世界の他の地域での準備を強化するためにグローバルな調整された努力が必要であると感じました。

【やり方紹介】カゼかな?新型コロナウイルスに感染したかな?と思ったら帰国者・接触者相談センターへまず相談
...

WHOへのアドバイス

委員会は、国内および地域の専門家を含む、中国へのWHOの学際的な技術ミッションを歓迎しました。ミッションは、アウトブレイクの動物源、病気の臨床的範囲とその重症度、地域社会と医療施設での人から人への感染の程度、アウトブレイクを制御するための努力を調査する取り組みをレビューし、サポートする必要があります。このミッションは、状況とその影響の理解を支援し、経験と成功した対策の共有を可能にするために、国際社会に情報を提供します。

委員会は、可能性のある情報源を研究することの重要性を再強調し、隠れた伝播を排除し、リスク管理措置を知らせることを望んだ。

委員会はまた、感染の局所サイクルが発生しているかどうかを理解するために、病原体ゲノム配列決定を含む湖北省以外の地域で強化された監視の必要性を強調した。

WHOは、この専門家のネットワークを引き続き使用して、このアウトブレイクをグローバルに封じ込める方法を評価する必要があります。

WHOは、特に脆弱な国や地域において、準備と対応に対する強化されたサポートを提供する必要があります。

低所得および中所得国向けの迅速な開発と潜在的なワクチン、診断薬、抗ウイルス薬、および他の治療薬へのアクセスを確保するための手段を開発する必要があります。

WHOは、パートナーや協力機関の広範なネットワークを含め、この発生に対応するために必要なすべての技術的および運用上のサポートを引き続き提供し、包括的なリスクコミュニケーション戦略を実施し、関連する研究および科学的発展の進展を可能にする必要がありますこの新しいコロナウイルス。

WHOは、IHR(2005)のテキストで交渉を再開する必要のない方法で、PHEICの可能性とPHEICの可能性の間に中間レベルのアラートを作成することの妥当性を引き続き調査する必要があります。

WHOは、透明性をもって状況をタイムリーにレビューし、証拠に基づいた推奨事項を更新する必要があります。

委員会は、入手可能な現在の情報に基づいた旅行または貿易の制限を推奨していません。

 

中華人民共和国へ

続行:

•包括的なリスクコミュニケーション戦略を実施して、集団の発生、集団の予防および保護対策、およびその封じ込めのために講じられた対応策について、定期的に集団に通知します。

•現在の流行の封じ込めのための公衆衛生対策を強化する。 •医療システムの回復力を確保し、医療従事者を保護します。 •中国全土でサーベイランスと積極的な症例発見を強化する。

•WHOおよびパートナーと協力して、このアウトブレイクの疫学および進化とそれを封じ込めるための対策を理解するための調査を実施します。

•ヒトの症例に関する関連データを共有します。

•人獣共通感染の発生源、特にWHOが利用可能になり次第、WHOで循環する可能性を特定し続ける。

•国際交通への干渉を最小限に抑えながら、さらなる評価と治療のために症候性の旅行者を早期に発見することを目的として、国際空港と港で出口スクリーニングを実施します。

新型コロナウイルス日本の感染者数は?感染源はどのルートで発症したのか?
...

すべての国に

ケースのさらなる国際的な輸出がどの国でも現れることが予想されます。したがって、すべての国は、積極的な監視、早期発見、隔離および症例管理、接触追跡および2019-nCoVinfectionの感染拡大の防止、およびWHOと完全なデータの共有を含む封じ込めの準備を整える必要があります。技術的なアドバイスは、WHO Webサイトで入手できます。

国は、IHRの下でWHOと情報を共有することが法的に義務付けられていることを思い出してください。

動物における2019-nCoVの検出(種に関する情報、診断テスト、および関連する疫学的情報を含む)は、新興動物として世界動物衛生機関(OIE)に報告する必要があります。

各国は、ヒトの感染を減らし、二次感染と国際的な広がりを防ぎ、マルチセクターのコミュニケーションとコラボレーションを通じて国際的な対応に貢献し、ウイルスと病気に関する知識を増やし、積極的に研究を進めることに特に重点を置くべきです。

委員会は、入手可能な現在の情報に基づいた旅行または貿易の制限を推奨していません。

各国は、IHRの要求に応じて、実施した旅行手段についてWHOに通知する必要があります。国は、IHRの第3条の原則に沿って、スティグマまたは差別を促進する行動に対して警告されています。

委員会は、事務局長にこれらの問題に関するさらなる助言を提供し、この急速に進化する状況を考慮して、必要に応じて新しいケースバイケースの勧告を行うよう求めました。

新型コロナ、クルーズ船での日本の対応は間違いではなかった。アメリカの批判が錯覚に過ぎなかった?
...

グローバルコミュニティへ

これは新しいコロナウイルスであり、同様のコロナウイルスは定期的な情報共有と研究を可能にするために相当な努力を必要とすることが以前に示されているため、グローバルコミュニティはIHR(2005)の第44条に従って、連帯と協力を引き続き実証する必要があります。この新しいウイルスの感染源の特定、人から人への感染の可能性、症例の潜在的な輸入の準備、および必要な治療法を開発するための研究に関して、お互いをサポートする。

このイベントへの対応を可能にするとともに、診断、潜在的なワクチン、および治療へのアクセスを促進するために、低および中所得国に支援を提供します。

IHR第43条に基づいて、締約国は、国際的な交通を著しく妨げる追加の健康対策を実施しています(国際旅行者、手荷物、貨物、コンテナ、輸送、物品などの入国または出国の拒否、またはそれらの遅延24時間)は、実施から48時間以内に公衆衛生の根拠と正当性をWHOに送信する義務があります。 WHOは正当性を検討し、各国に対策の再検討を要請する場合があります。 WHOは、受け取った措置と正当化に関する情報を他の締約国と共有する必要があります。

緊急委員会は、事務局長の裁量により、3か月以内に再招集されます。

事務局長は委員会の作業に感謝した。

【必見】新型コロナウイルス日本での感染者数と症状・予防についての最新情報
...

まとめ【新型コロナウイルス世界保健機構(WHO)の声明・見解をまとめてみました。】

WHOは世界の相談役として機能しているようですが、医療現場と研究者そしてWHOとがうまく連携を取ってかつ迅速に機能していくことが今後重要になってくると思われます。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。