星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?

スポーツ

こんにちは、サクッとインフォです。

豊橋中央高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団した星野真生選手。

センスのかたまりとしてプロスカウトからも注目され

第一線の中日ドラゴンズに入団してからの

評価としては、

特出したものはないとされながらも

攻守においては

やはりそこそこの評価がある。

そんな星野真生選手の中学時代はどうだったのか?

気になる人も多いかと思いますので詳しく見ていきたいと思います。

最後までお付き合い頂けますと嬉しいです”(-“”-)”

星野真生( ほしの まお )

星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?

生年月日 2003年12月1日
身長・体重 176cm 77kg
投打 右投右打
出身地 愛知
中学 三州ボーイズ
高校 豊橋中央高校
プロ野球 中日ドラゴンズ

星野真生の出身中学は?

愛知県西尾市立吉良中学校(きら ちゅうがっこう)でした。

星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?

星野真生選手の高校が豊橋市にある豊橋中央高校だったので

中学も豊橋市内と思いましたが

違っていました。

西尾市だったんですね。

星野真生の中学時代(三州ボーイズ)

星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?

三州ボーイズに所属していました。

三州ボーイズは正式名は

三州ボーイズ/オーシャンという。

公益財団日本少年野球連盟の

愛知県東支部に所属する中学生硬式野球チーム。

軟式ではなく硬式に所属し運営やスタッフが

充実した環境の三州ボーイズに所属する

というのは野球に対する強い意気込みの

様なものを感じる。

二つ上の兄の楽人さんに憧れ始めたものが

この様な形で地に着いたものとして

活動していくこととなる。

 

上の写真はご家族提供の中学2年時の星野選手。

徐々に地元で名を知られる存在になっていく。

スポンサードリンク

星野真生の中学時代はショートだったの?

中学時代の三州ボーイズでは俊足巧打の内野手として活躍との情報があったのと、

幼い頃は同じ右打ちの遊撃手であった

井端弘和さんが憧れの存在ということも言われていたので

ポジションはショートが濃厚なのではと

思われます。

星野真生の中学時代は秀でていたのか?

秀でていたようです。

秀でていたというよりもとくかく

野球好き少年だったと言った方が

良いのかもしれません。(^^♪

中日ドラゴンズの6番を着て

ナゴヤドームに行くほど。

今では食事も意識を変え体重は77キロほどだったが、

中学生時代は63キロほどだったそうだ。

世間の声

少し話が逸れるが、

星野真生選手は

野球好きの心優しい少年

仲間を上手く引っ張っていけない時が

あったそう。

誰にでもありますよね。

色んな経験を積んでこそ

一回りも二回りも大きくなります。

Tweet / Twitter

まとめ【星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?】

『星野真生の出身中学は?守備はショートだったの?秀でていたのか?』

について見てきましたが

いかがだったでしょうか。

今夏の第104回全国高等学校野球選手権大会が開催されていますが、

愛知県代表で出場している

愛知工業大学名電高等学校の野球部選手、

美濃十飛(みのう しゅうと)くん(背番号9)は

星野真生選手が所属していた三州ボーイズ出身です。

第9期生。

星野真生選手や関係者、

皆さんの活躍が期待されますね!

これからも温かく見守っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント