マーガード真偉輝キアン最速と球種は?父ハーフのドラフト可能性は?

スポーツ

石川県星稜高校のピッチャーマーガード真偉輝キアン。

父がアメリカ合衆国出身で母が日本人のハーフ。

そんなマーガード真偉輝キアン投手の最速と球種と父ハーフのドラフト可能性について迫りたいと思います。

では見ていきましょう。(*^^)v

マーガード真偉輝キアン(まーがーど・まいき・きあん)

マーガード真偉輝キアン最速と球種は?

ニックネーム まいき
世代 2004年度生まれ
利き腕 右投右打
身長 184cm
体重 87kg
ポジション 投手
最高球速 141km
球種 カットボール、スプリット系の変化球
中学 沖縄市立美東中学校
宜野湾ポニーズ
2017年,2018年,2019年
高校 星稜高校
代表 ポニーリーグU-14日本代表
2018年
代表 U-15アジアチャレンジマッチ日本代表
2019年
代表 ポニーリーグU-14日本代表
2019年
全国大会 高校1年生
甲子園高校野球交流試合2020年
高校3年生
センバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2022年(1回戦)
ドラフト 2022年ドラフト候補

落ちる角度や曲がり具合まで変えてくる技巧派中の技巧派

体格にも恵まれており直球においてもまだまだ伸びしろがあると言われておりこれからが楽しみな投手。

マーガード真偉輝(まいき)キアン 父ハーフ

父親が米国出身のマイケルさん(54)、母親が日本人の恵子さん(57)のハーフです。

マーガード真偉輝(まいき)キアン選手は沖縄県出身。

沖縄県には米軍基地があります。

アメリカ人と日本人のハーフも多いそうです。

とにもかくにもイケメンですね。(*^^)v

マーガード真偉輝キアン ドラフトの可能性は?

甲子園での成績から見てもマインド面から見てもどちらもプロになるに相応しい素質を持った投手。

そのことからもドラフト候補のサイトに評価Bとして載っていました。

かなり期待されていると言っていいのではないでしょうか。

身長186cm、体重90kgという大型右腕のマーガード真偉輝キアン。

体格的に剛球派に見えるのだが、技巧派中の技巧派。

変化球を交え投球術にも目が光る。

常時130キロ後半の速球で140キロ代を投げる投手と比較すると物足りなさを感じる面も無くはない。

が、、186cm 90キロから繰り出される速球なので威力が違う。

センバツ高校野球の1回戦(3/22)天理に対し7回まで無失点と好投した。

星稜5-4天理 

この日は最速139キロを記録し、力のある直球と打者の手元で動く変化球を駆使し、自身の持ち味を存分に発揮する。

三振と凡打の山を築いた。

球速が145キロ前後まで上がれば、ドラフト候補として浮上するだろうとの見方が強い。

 

ツイッター(Twitter)の声

https://twitter.com/mucchan70/status/1507872264791871489

https://twitter.com/Rinne_railgun/status/1508218090131435524

体格にも恵まれていますからセンスで投げているのではと推測しがちですが、滅茶苦茶投げ込みをしている感が伝わってきますよね。

変化球の精度の高いこと。

これからも徐々に球速含めた技術を上げてくることでしょう。

まとめ【マーガード真偉輝キアン最速と球種は?父ハーフのドラフト可能性は?】

マーガード真偉輝キアン最速と球種についてと、父ハーフのドラフト可能性は?について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

大は小を兼ねるではないですが体格的なメリットとそれでいて超高校級の技巧派ピッチャー。

2つが揃っていますからかなりの力の持ち主であることは事実です。

中日ではドラフト3位と出ていましたが今年の夏とそれ以降に時間はまだあるのでこれからの調整・追い込みに目が離せません。

無理して追い込んで仕上げてくることもないかもしれません。

なぜなら昨今のNPB(プロ野球界)では育成にも力を入れてるから。

中長期的な仕上がりをしてくるのではとよんでいますが基本的な安定感が既に備わっていますので怪我だけはないように躍進していって欲しいと願います。

これからもマーガード真偉輝キアン投手を温かい目で見守りつつ応援していきましょう。(^^ゞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント