スポンサーリンク

水野喬日の今。熊本ゴールデンで二年後のドラフトに向けて練習に励む!

気になる人ウォッチ

持ち前の剛腕ピッチャーという名だけではなくスライダーやカーブでも打者をかわす術を兼ねそろえた凄腕ピッチャーとして、2018年プロ野球ドラフトで静岡県高校生として育成辺りで呼び声が高かったがプロへの道は叶わなかった。

それでも先を見据え、虎視眈々と練習に取り組んでいる人がいる。

湖西高校から熊本ゴールデンラークスに入った水野喬日選手だ。

それでは見ていきたい。

水野喬日選手の今

熊本県にある熊本ゴールデンラークスという社会人チームに所属しているようです。
この水野選手が所属している熊本ゴールデンラークスは熊本県合志市に本拠地を置いていて、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームということでした。

繰り返しになりますが、熊本県の合志市に会社はあります。正直もう少し外れというか田舎の方かと思っていましたがそうでもない様子。

試合に出ているのか?

試合に出ているのかというと、答えはNO

社会人野球で都市対抗戦に向けてガンガン投げているかというとそうではありませんでした。

高校の時から筋トレを大切にしていて、身体づくりに余念がない水野選手。

監督の指示か自身の意向かはわかりませんが、今は2年後のドラフトを視野に入れて基礎となる体つくりに専念しているそうです。
かといって筋トレばかりしているという訳でもなく、走り込みなども果敢に取り組んでいてバランスよく練習に参加しているようです。

高校の時はどちらかというと細身で俊敏なイメージが強かったのですが、高校の夏の大会が終わった後、プロを意識してか身体を大きくしようと食を多く採るようにし体重も5キロほど増えたそうだ。

後輩のキャッチャーが「球に重みがあって手が痛い!」なんて洩らしていたことも。

本人の熱い意気込みが感じられますよね。温かく見守ってあげたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

水野選手は恩義に熱い!

高校時にテレビで注目選手として放送されたようですが、水野選手の地元が豊橋市の細谷町の五並(いなみ)というところで、かつて水野選手と同じく細谷町出身の先輩で豊橋工業高校へ進学して甲子園へ出場したのだが、その時のピッチャーが甲子園でもらった記念のボールを当時、甲子園を目指している水野選手へ渡したことがあり、その想いをテレビで綴っていました。

恩に厚い水野選手が先輩の想いをしっかりと受け継いでいるのには感銘を受けますよね。

高校時代は当時の斎藤哲男監督への報告相談を密にしていたとか。

自分のピッチングについての監督の言葉をしっかり受け止め、反省してまた練習に取り組むというスタイルを貫き通していたようです。

おちゃめ!?な一面も

普段は思いやりがあってとっても優しいそうです。

野球となると人柄がガラッと変わりますが。

ツイッターでお茶目な一面を見つけました。

練習初めの掛け声からのスタート場面♫

熊本ゴールデンラークスはどんなチーム?プロにいったのは誰?
...

まとめ

2020年夏から第91回都市対抗野球大会が始まりますが、そこで水野選手は投げるのか?
熊本ゴールデンラークスは基本的に継投で勝利を掴むスタイルで試合に臨むスタイルです。
なので、その継投投手の一角として水野投手が加わるのか否かが一つのカギとなりそうです。
玄人タイプのピッチャーなので身体を強化した後のピッチング状態がとても気になるところ。
持ち前のストレートの伸びはどこまでいけるのか。高校時は150キロはいきたいと言っていましたが進化を続けている中なので状況が変わっているのかもしれません。
今後の水野喬日選手を優しく見守るとともに期待して待ちましょう!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

コメント