スポンサーリンク

阪神ファンの男がヤジを飛ばされ3歳長男を投げる 反省したのか?その後は?

ニュースウォッチ

こんにちは、masaです!

世間では日々色んな事件が起きていますね。

自分では気を付けていても被害に遭う可能性もありますので、十分に気を付けていきましょう。

今回は、喧嘩や口論について。

スポーツ観戦ではよくあるヤジから始まっての口論や喧嘩。

そんなことしないだろうって思っても好きなチームの試合を観戦しているとついつい興奮しちゃいます。日頃は温厚な人でも、こういった場面では、興奮を通り過ぎてしまってカーッとなってしまうこともあるんだとか。

プロ野球、2019年7月2日の横浜DeNA対阪神戦でその事は起きました。

阪神ファンの男が横浜DeNAファンにヤジを飛ばされ、口論となり、横浜DeNAファンに抱き着いた3歳長男を投げたとのこと。

なんでこうなったのかというと、この様子を動画で撮っていた人がいたから。

阪神のユニフォーム姿の男性が、自分の子供を投げる様子を撮影した人がインターネットで動画を配信した。

そしたらどうでしょう。たちまち非難が集中して拡散されました。

でも男は立ち直りを見せる?!男性は事件の2日後に神奈川県警察本部に自ら出頭した。

出頭するだけでも反省の色があって偉いと思います。

昨今の自動車煽り運転事故なんかは、謝ることすらせず捕まるまで逃げ回っていましたからね。

署によると、「脅かそうとした。子供を投げるつもりはなかったが、自分にやったことに間違いない」と容疑を認めている。

男はどうしてヤジを飛ばされたのか?

阪神ファンならいかついイメージがあるかもしれませんが、今回どうして阪神ファン男に横浜DeNAファンがヤジを飛ばしたのでしょうか?

7月2日は阪神がDeNAに対して零封で抑えられ2連敗してしましました。そのことでイラついていたところを逆にDeNAファンにヤジを飛ばされるまでに至ったのではと推測できます。

同署によると、男は7月2日午後9時5分頃、横浜スタジアム(同市中区)で、抱いていた長男を観客らに投げつけた疑い。男は阪神ファンでDeNAファンと口論となり、それにヤジを飛ばした別の観客に腹を立てたという。「脅かすつもりでやった。投げつけるつもりはなかったが、やったのは間違いない」と容疑を認めている。長男や観客らにけがはなかった。

第三者の観客に腹を立てたということは、DeNAファンとアツくなってしまったもののそのことを荒立てたくなく、一種の逃げにも取れることができ、本当は優しい気の持ち主にも受け止めれます。

抱いていた長男を投げた心理は?

冷静さを失うくらい野球観戦は興奮してしまうのか?

物事が思い通りにならなかったり他人へのアピールだったりします。あと、禁止されていることこそやってみたくなるというカリギュラ効果の可能性もあるかと思います。

私たち大人でも感じる時はありませんか?やるなといわれると強引にでもやってしまいたくなる思いにかられてしまうということです。

スポンサードリンク

 

阪神ファンの男は反省したのか?

自ら出頭したとなると一応は反省しているようにも受け取れます。

その出頭時は警察から捜査を受けました。

情報を探してみましたが、その後の男の情報は得られませんでした。

どこかの会社の役員ということは確かだそうです。

きっと反省してひっそりと暮らしているのでは!?

実にそうあってほしいものです。

また情報入りましたらアップしますね!

清原和博の人生と生い立ち。今までで一番苦労したことを推測調査。
...

まとめ

何があっても子供には危害を加えることは許されないことだと思います。
今回は逮捕されませんでしたが、傷害罪に問われてもおかしくない事件ですからね。
家庭でのDVも同様で、家庭外でストレスになった時など起こりがちです。
そんな時は、ひと呼吸おいたり、DV起こしたら警察行きだくらいの気持ちをもっておきたいものです!

自分も家族も周りの人も幸せであり続けたいのはみんな同じですからね。
日常生活ではもちろん何かの突発的な出来事でこの大切な人生を台無しにすることのないよう気を付けていきましょう。

 

コメント