橋本大輝オリンピックで見せた鉄棒得意技の名前は?他に誰が出来る?

スポーツ

こんにちは、サクッとインフォです。

体操五輪王者の橋本大輝さん。

5月15日のNHK杯で得意の鉄棒でまさかの2度落下がありました。

そんな橋本大輝さんの鉄棒に興味が湧いた人も多いのではないでしょうか。

橋本大輝さんの鉄棒得意技の名前とその技は他にできる人がいるのか?

調べてみましたので参考にして頂けたらと思います。”(-“”-)”

橋本大輝(はしもと だいき)

生年月日 2001/08/07
年齢 20歳
性別
身長 166cm
体重 57kg
所属 順大
学歴 千葉・市船橋高
出身地 千葉県
競技 体操
出場予定種目 団体総合
個人総合
種目別
主な戦績 19年世界選手権団体総合銅メダル
五輪代表歴 2020年東京オリンピック

橋本大輝オリンピック

東京2020オリンピックでは

  • 個人総合 金メダル
  • 種目別鉄棒 金メダル
  • 団体総合 銀メダル

    を獲得した。

橋本大輝オリンピックで見せた鉄棒得意技の名前は?

G難度の「カッシーナ」だ。

手放し技となりかなりの難易度を要する。

スポンサードリンク

 

カッシーナとは?

コバチとコールマンを組み合わせてこれを伸身で行うのがカッシーナとなります。

Kovacs(コバチ)

抱え込むとD難度で、伸身で行うと難度が1つ上がってE難度となります。実況でも「伸身のコバチ」ってよく聞く気がします。シンプルでカッコ良い。

Coleman(コールマン)・Cassina(カッシーナ)

上に登場したコバチに対して1回ひねりを加えた技がコールマンです。つまり「コバチ1回ひねり」のこと。

コバチ1回ひねりを抱え込んで実施すると「コールマン」で、これがE難度伸身で行うと、難度が2つ上がってG難度の「カッシーナ」となります。

この場合、カッシーナは「伸身コールマン」と呼ばれることもあります。

橋本大輝東京オリンピックで見せた鉄棒の得点と順位は?

14.933得点をマークしました。

ライバルの中国の肖若騰選手が14.066にとどまったのに対し橋本選手は最後の着地も決めて肖選手などを逆転しました。

橋本選手は1種目を残して、1位の中国の肖若騰選手と0.467差の3位で、最後の種目、鉄棒に臨み見事に逆転優勝を飾りました。

橋本大輝の鉄棒得意技は他に誰が出来る?

    • イゴル・カッシーナ
    • 内村航平
    • 橋本大輝

などができ、上記で全員とは言えないが、金メダルを取るに値するレベルの選手がカッシーナができるG難度の大変難しい技だ。

イゴールカッシーナというイタリアの体操選手がこの技を行ったことでその名がついた。

まとめ【橋本大輝オリンピックで見せた鉄棒得意技の名前は?他に誰が出来る?】

いかがでしたでしょうか。

橋本大輝選手が5月15日のNHK杯ではカッシーナ、コールマンなどは成功します。

終盤の離れ技コスミックでまさかの2度落下ということでした。

難易度が高いか低いかで成功率が比例するとも言えない時のある今回のカッシーナ。

カッシーナ・コールマンなど高い技術の技がまた見られることを期待してこの記事は終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント