カラオケボックスの個室でミシンを使えるのってどこ?活用化される?

ニュースウォッチ

こんにちは、サクッとインフォです。

コロナ禍が長々と続く中で、面白い企画を展開しているカラオケボックスがあると耳に入ってきました。

歌を唄うのではなくミシンを使う?

主婦や一人暮らしの人にはとっても嬉しい内容ですよね。(^^ゞ

金額も確認しながら今後活用されていくのかまで詳しく見ていきたいと思います。

ご自身で確認するつもりで読み進めていって頂ければと思います。”(-“”-)”

カラオケボックスの個室でミシンを使えるのってどこ?

カラオケルーム歌広場 池袋西口公園前店!!でした。

カラオケルーム歌広場 池袋西口公園前店
所在地: 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目13−5 池袋パークビル1階
営業時間: 11:00~6:00
電話: 03-3985-1666

カラオケボックスの個室でミシンを使えるって家の様に?

そうです。

家で使うのとまったく同じようにミシンを使えます。

しかもミシンのグレードも良いそうです。(^^ゞ

コスプレ制作のために使った人もいるそうです。

使う用途

  • Tシャツなどのほつれを直し
  • コスプレ着制作
  • ジーパンなどの裾直し
  • 小物制作(じゅうたんカバー・バッグなど)
  • タオルのループ付け
  • 平面ガーゼマスク
  • コップ袋(マチなし)
  • コップ袋(切り替え・マチあり)
  • ランチョンマット(切り替えなし)
  • ランチョンマット(切り替えあり)
  • 大き目きんちゃく袋(切り替えあり)
  • お弁当袋(裏地なし)
  • ハーフパンツ

♪何を作ろうか?参考サイト「リンク」

カラオケボックスに置いてあるミシンのメーカーは?

使っているミシンはJOYSOUNDを運営するエクシングの親会社・ブラザー工業のものです。

日本の三大メーカーの一角に入っています。

ブラザー工業は。

機能やデザインにこだわりたい人向けなのでカラオケで使うコスパは十分に得られると思います。

なぜならブラザーミシンは、薄地や繊細な生地を得意とするミシンが多く、洋服などを作るのに適しているからです。

三大メーカーのその他は、「ジャノメ」と「JUKI」です。

ミシンがない(使ったことがない)人でもデビューしちゃえる?

しちゃえます。

ですがただ適当にミシンを使ってみようという軽い考えでは用意した生地を無駄にしてしまう可能性があります。

洋服のちょっとしたほつれを直す程度ならまだいいですが、何かを作りたい時は設計図を書いてから着手することを強くおススメします。

 

ツイッター(Twitter)の声

https://twitter.com/baccaratbaka/status/1519504646619865088

https://twitter.com/MasakoH906/status/1519327677832101888

カラオケミシン 活用化される?

結局コスパは良いのか?

「発想は良いけど縁はなさそう」という意見もツイッターでみられましたが、仰る通りです。

無理に使う必要はもちろんないと思います。

コスパで考えると良いでしょう。

カラオケ代金 1,000円
ミシン使用  1,000円
素材代    1,200円
合計     3,200円 ・・・①

に対し、

購入検討)ジーパン 5,000円・・・②

②ー①=1,800円

「1,800円浮くのか~。1,800円しか浮かないのか…。
迷うけどもう半年今のジーパンで我慢してみようかなぁ~!」

 

無視し過ぎないでね。
でもその発想面白そうね。私も検討してみようかしら…。

人出の多い首都圏などでは一人暮らしの学生も多いので活用される可能性はあります。

しかし、そうではない人たちはカラオケボックスでミシンを使い続けるかどうかと言えばその人にもよるので完全に普及されるかと言えば少々難しいと言えるのではないでしょうか。

「ご自身にあった使い方をすれば良い」ということに尽きると思います。”(-“”-)”

先ほどの計算式に当てはめてみて。

まとめ【カラオケボックスの個室でミシンを使えるのってどこ?活用化される?】

カラオケボックスの個室でミシンを使えるのってどこ?活用化される?と題してお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

今回のお話は異業種交流ではありますが、グループ会社の斬新的な企画です。

JOYSOUNDと親会社のブラザー工業との。

嬉しくて面白い企画ではありますが、テスト期間も考慮しての今回の企画なので「惰性で無理に使う必要はない」ということです。(^^ゞ

これを機に全国的にもカラオケミシンが広がりを見せていきそうであれば、この記事で追記していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント