足もとのオシャレとケア|10年履ける靴を目指して|値段ではない

生活ウォッチ

こんにちは!サクッとです。

今回はあしもとのオシャレとケア、そして10年履ける靴を目指してという拘った手法についてお話していきたいと思います。それも値段にはとらわれずという究極とまで言える手法についてです。最後までしっかり読み進めていってもらえればと思いますのでよろしくお願いします。

はじめに

「オシャレは足もとから」とよく言われもしますがおしゃれな人は、足もとのファッションまで素敵です。服とも合っていますし、手入れも行き届いている。なんでこんなに素敵なんでしょう?おしゃれな人の足もとには、その人らしい拘りがありました。

「健康も足もとから」。足は体重を支えて一日頑張るところ。自分に合った靴を選ぶことは、健康にも直結しています。ちょっとした足のケアとトレーニングも健康維持には欠かせません。

おしゃれで健康な足もとをつくるには、
「自分らしい、足にぴったり合った靴を選ぶ」
「最低限の靴の手入れをする」
「最低限の足のケアをする」
これだけ守れば大丈夫と言えます。
これからオシャレで健康な足もとを作る方法をわかりやすく案内していきたいと思います。

使い込むほど、どんどん美しくなる
10年履ける靴を探して

靴選びのポイントはデザインとサイズと履き心地。納得いくまで根気よく探します。長く履くことがわかっているから焦らない。数年越しでやっと見つけることも。

靴を選ぶとき、何よりも気を付けにといけないことは、自分のスタイルになじむこと。靴がいくら素敵でも、足もとばかり目立つのはイヤ。全体にバランスがとれていて、なおかつ靴にも光るものがある。これが理想だと思うのです。

そこで頭を悩ませるのが、サイズ問題。
例えば素足で25センチ。冷え対策の靴下重ね履きでさらに大きくなるから大変。でも長く付き合うには履き心地も大切だからサイズは妥協できないのです。

だからぴったりフィットする靴に出合うのは難しい。仮に右のサイズが少し大きいので、靴を買ったら、まずシューストレッチャーで右の靴だけは広げます。外反母趾ケアのパッドも忘れず装着。長時間履いていても疲れないように、底にクッションシートを貼ったり。

靴は消耗品ではない。大切な相棒と言っても良い存在だ。だから知らず知らずのうちに、靴の扱いも丁寧になる。「当たり前のことをしているだけ」とはいうが、収納された靴はどれ一つ型崩れも傷身も見られない。皮の靴は学生時代からの付き合いだとか。

きれいに長く履く第一のコツは収納にあり。中でもオフシーズンなどで履かない期間の扱いがカギを握る。

通気性に難ありでかさばるメーカーの靴箱は基本的に使わない。自作の布製靴袋に入れて吊り下げる。靴の中には型くずれ防止のシューキーパー。これも型紙を起こして、服の端切切れで作ったオリジナルだ。シューキーパーにティートリーの精油をたらしておけば、カビやニオイの防止にもなって一石二鳥。

第二のコツは、靴に無理をさせないこと。ヘビーローテーションは避ける。そして雨が降る日は予定のコーディネイトを諦めて”雨の日3点セット”にシフトする。

デニム系なら黒のコンバース。ワンピースならレインブーツ。ショートパンツなどアクティブ系ならトレッキングシューズが定番。帰ってきたら汚れを拭き取ればOKだ。

これだけきれいに保っているからメンテナンスはむしろシンプル。レザーケアの万能選手「ラバナー」のクリームで拭くだけ。特別なことと言ったら歩き方のクセで減ってしまうヒールやソールをこまめに直すぐらい。

あとは、靴と同じように足にも無理をさせないこと。靴を脱いだら足湯をしたり軽くマッサージをしたり。足を健康に保つことも、靴を長持ちさせるコツかもしれません。

靴の手入れが行きとどいている人は、足も健康で綺麗だった。

スポンサードリンク

自分にピッタリな靴を見つける

足にもライフスタイルにもピッタリな靴を選びましょう。
本当に自分に合う靴は、10年履き続けることができます。

足にピッタリな10年履ける靴を見極める

服以上にサイズはピッタリなものを。
「10年は直して履ける靴」を第一条件として、これからの靴選びの提案をします。

そこで大切なのがサイズです。デザインが良いとサイズが少々合わなくてもついほしくなってしまうもの。

洋服なら少々サイズが合わなくても着こなせます。でも靴はファッションであるのと同時に歩くための道具。だから服以上にサイズには慎重になりましょう。

せっかく買っても、歩いてみたら痛くて履けない…なんてことにならに様に納得いくまで試着することが、良い靴と出会うポイントです。

修理できる靴を選ぼう

履き続ければ、靴は必ずどこか痛みます。底が減ったり汚れたり、ヒールに傷がついたりするものです。

そこで長く履ける靴を見極めるポイントは、修理できる靴であるということ。直しながら履くのが足もとのおしゃれ上級者です。

とは言え靴には修理しやすい靴と、そうでない靴があるのも事実です。一般的に高価なほど修理しやすい構造になっています。修理しやすい靴は、靴底が靴に縫い付けて固定されているもの。靴底が交換できます。

安価な靴は靴底が接着剤で固定されていて修理がしづらい。またスニーカーなどは、靴と靴底のラバー部分が一体型です。底の交換はできませんが磨り減った部分にラバーを継ぎ足して修理します。

修理しやすい靴は、多少高くても、長い目で見ればお得です。修理してより足に合う靴に育てましょう。

10年履ける靴を見わけるポイント

‟いい靴”には、共通した特徴があります。デザインだけではなく「素材」や「つくりの丈夫さ」。10年耐えるだけの品質があります。

  1. シャンクが丈夫
    底と中敷きの間に内蔵され、‟靴の背骨”と呼ばれるのが」「シャンク」」です。土踏まずを支える重要なパーツです。試着時に、底の部分を少し曲げて、シャンク強度を確かめましょう。いいものは、なかの鉄板が丈夫でびくともしません。軽くたわむものは安いものです。
  2. かかとまわりがしっかりしている
    靴の傷みは「かかとまわり」からはじまります。かかとをくるむ部分をさわって、芯のしっかり度をチェックしましょう。とくにパンブスは、かかとまわりの丈夫さが靴の持ちに直結します。柔らかいものは履いているうちに伸びてかパかパになってしまいます。
  3. 指の付け根の部分のソールが曲がる
    指の付け根部分の靴底が内側に曲がらないと歩きにくく、疲れの原因となります。試着するときは、片手で靴の爪先部、もう片方の手で靴のかかと部を持って軽く内側に曲げ、曲がり具合を確かめましょう。特にパンプスでは重要なポイントです。

正しい試着をマスターしよう

  1. 試着は必ず両足で
    左右の足はサイズも形も微妙に違います。全く同じ人はいないでしょう。サイズが1センチ近く違う人もいます。必ず両足とも試着しましょう。どちらもきつすぎたり緩すぎたりしないか確認しましょう。
  2. かかとにすき間がないかチェック
    座った状態で靴を履き、かかとを床にトントン軽く打ち当て、かかとが靴にすっぽり収まればOK。かかとと靴の間に指が入るようなすき間は不要です。かかとは歩くときの支点となる重要な部分。フィットしていないと疲れるだけではなく、靴も傷みやすくなります。
  3. とにかくたくさん歩いてみる
    自分の足に合っているかどうか、店内をたくさん歩いて確かめましょう。鏡の前で格好よく歩くのではなく、いつも通り歩くのがポイント。またパンブスならストッキングをしきサンダルならはだしで試着を。なるべく普段と同じ状態で歩きましょう。
  4. 靴底が修理できるかショップや売り場で聞いてみる
    どこまで修理できるかは、靴の製法によって違います。靴底と靴が縫い合わされた製法なら修理は簡単です。素人には判断しにくいので聞いてみましょう。
  5. 足がむくみやすい夕方がベスト
    足は夕方になるとむくみがち。これは起床してから歩いたり、立ったりしている間に、血液や水分が足にたまるからです。ですので朝から一日履くことになるパンブスなどは、足が大きくなっている夕方の時間帯に試着してきつすぎないものを選びましょう。
  6. 靴の素材をチェックする
    靴は素材によって手入れの方法が違います。皮か布か。本革か合成皮か。最近は本革か合成皮か見分けがつきにくい靴もあるので、店頭で確認しましょう。外側だけでなく、中敷き、靴底の素材もチェックしましょう。中敷きは本革の方が通気性がよくむれにくいです。

最後に

足もとの靴について長々と書いてきましたが、基本は妥協してはいけないということ。このことをしっかり念頭に置いていただき長く愛用のできる靴を選んでほしいと切に思っています。
靴も履く人も気持ちのいい状態であり続けるために。