水森かおり「鳥取砂丘」の上手な歌い方は?息継ぎ・サビまで解説

芸能

水森かおりさんと言えば鳥取砂丘。

水森かおりさんの人気曲ランキングで1位を誇ります。

そんな人々の心を鷲掴みにしてしまう「鳥取砂丘」について深掘りしていきたいと思います。

カラオケでしっかり歌えるようになるために参考にして頂けたらと思います。(^^♪

水森かおり(みずもり・かおり)


出典:スポニチ

所属 長良プロダクション
誕生日 1973年8月31日
血液型 B型
出身地 東京都北区
経歴 1995年9月25日『おしろい花』で
徳間ジャパンコミュニケーションズからデビュー。

水森かおり「鳥取砂丘」

作詞 木下 龍太郎
作曲 弦 哲也
この曲について 2003年4月2日発売のシングル。
演歌の歌唱に不可欠なこぶしやビブラートが入る。

水森かおり「鳥取砂丘」の上手な歌い方は?

端的に言えば、しっかり心を込めて歌うことである。

節回しや音の高低が結構あるので上から下まで安定した歌い方ができると良い。

では息継ぎやサビを中心に見ていきますね。(#^^#)

水森かおり「鳥取砂丘」息継ぎ・サビはどこ?

【鳥取砂丘 参考動画】
https://www.joysound.com/web/search/song/26468


下記に示しましたが、息継ぎは「V」マーク、サビ部分は「サビ」と入れてあります。

息継ぎの前に「こぶし」や「のばし」が入ります。

1番

2番

1番同様に歌ってみてください。(^^♪

3番

こちらも1番同様に歌ってみてください。(^^♪

 

ちょっと休憩(*^^)v 【ツイッター】

https://twitter.com/lotzun_DeuPol/status/1500475674167214081

https://twitter.com/Hanai_miharu/status/1242685581223575553

まとめ【水森かおり「鳥取砂丘」の上手な歌い方は?息継ぎ・サビまで解説】

水森かおりさんはこの「鳥取砂丘」をはじめ日本全国津々浦々それぞれの土地に寄り添った歌を唄い『ご当地ソングの女王』と言われています。(‘◇’)ゞ

声質や抒情的な歌い方にスッと引き込まれちゃうので、やっぱりプロですよね。

カラオケや車の中(笑)、歌謡大会などどこでも歌うにふさわしい曲ですので、少しでも参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント