東京マラソン鈴木健吾&一山麻緒夫妻同一大会最速のギネス記録とは?

スポーツ

2022年3月6日東京マラソンが約2万人の参加で行われた。

男子は鈴木健吾(富士通)、女子は鈴木の妻で一山麻緒(ワコール)が共に日本勢トップに入った。

同一大会最速というギネス記録を樹立した。

その内容について見ていきたい。

東京マラソン鈴木健吾(夫)

日本人歴代2位となる2時間5分28秒で日本人トップの4位に入った。

東京マラソン一山麻緒(妻)

2時間21分02秒で日本勢トップの6位に入った。

スポンサードリンク

 

同一大会最速のギネス記録とは?

同一大会最速ギネスというのは同一の大会で夫婦の記録の合計を競うもの

鈴木&一山夫妻の合計タイムは4時間26分30秒

ケニア人夫妻の持つギネス記録(4時間27分05秒)を更新し、夫婦での同一大会最速ギネス記録更新を果たしたのだ。

まとめ【東京マラソン鈴木健吾&一山麻緒夫妻同一大会最速のギネス記録とは?】

おそらく夫婦で多少は意識して臨んだであろう東京マラソン。

次はオレゴン大会(オレゴン世界陸上)7月の日本代表選考も兼ねているそうで、夫婦そろって代表入りに大きく前進したことは間違いありません。

鈴木健吾&一山麻緒夫妻に今後も目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント