スポンサーリンク

梅雨時期のエアコンの使い方|ドライ(除湿)機能を上手に使おう!

生活ウォッチ

こんにちは!サクッとです。

梅雨時期は湿気が気になりますよね。そんな時こそエアコンのドライ(除湿)機能を上手に使って辛い時期を乗り越えていきましょう。
エアコンのドライ機能と冷房機能の使い分け方をメインに紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

湿気が多い梅雨時期、エアコンをどう使い分ける?

ジメジメした梅雨の時期にエアコンを使用する場合、選択肢としては「冷房」か「ドライ(除湿)」のどちらかとなります。
この2つの機能の違いをまずは見ていきましょう。

エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」はどう違うのか?

エアコンの冷房機能とドライ機能の違いは下記のようになります。

冷房機能

部屋の温度を下げたい時に使用。設定された室温になるように冷房運転を行う。

ドライ機能

部屋の空気中の湿度を下げることを最優先した機能。湿度が目標となる値までドライ運転を続ける。

エアコンの冷房機能とドライ機能とではそれぞれ「室内の温度をさげる」「室内の湿度をさげる」といったように目的が異なるということです。
そのため、梅雨時期の湿度が高い時にはドライ機能を用いることで、室内の湿度を下げ、室内を快適な空間にすることができます。

更に踏込むと
除湿機能には「弱冷房除湿」「再熱除湿」という2種類があります。

エアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」は何が違うのか?

エアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違いは以下の様になります。

「弱冷房除湿」
部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げる。

「再熱除湿」
部屋の温度は下げずに部屋の湿度だけを下げる。

弱冷房除湿と再熱除湿の違いは、「部屋の温度を下げながら除湿をする」のと、「部屋の温度は下げずに部屋の湿度だけを下げる」ということです。梅雨の時期は少し肌寒いけど湿度が高くベタベタするという時がよくあります。その様な場合に弱冷房除湿を使ってしまうと部屋の室温も下がってしまい寒く感じてしまうので、室温を下げたくない場合は再熱除湿を使うと良いということになります。

梅雨時期のエアコン弱冷房除湿と再熱除湿とをうまく使い分けるようにしましょう。

梅雨の時期は部屋の温度によって、弱冷房除湿と再熱除湿を使い分けていきましょう。

使い分けのポイントは以下の様になります。
弱冷房除湿
部屋の温度が高く湿度も下げたい場合

再熱除湿
部屋の温度はちょうど良い、又は下げずに湿度を下げたい場合

エアコンのメーカーによって再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルとがあります。
再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えできるメーカーがあります。その他メーカーは再熱除湿のみであったり、再熱除湿方式ではないけれど快適な湿度に保てる様に工夫された除湿機能になっていたり様々です。

エアコンを新しく買う時には、除湿の方式をチェックしてみるのも良いですね。
店頭ではあっていると確認できても今一度確認で店員さんに聞いてみた方がいいですね。

参考になりましたら幸いです。

コメント