スポンサーリンク

杏の今現在?東出昌大との離婚決意表明した後に急いでいるのは違約金問題回避か?

芸能

杏(34)が東出昌大(32)との離婚決意を表明したが、その離婚表明は一通過点に過ぎない様である。

なぜなら東出昌大の違約金や損害賠償金問題が絡んでおり、杏に降りかかってくるのを避けたいという想いが強いからだ。

そういった背景を元に杏が今実際にどのような行動にでているのかを分かりやすくまとめてみましたので参考にして頂けたらと思います。

杏の今?東出昌大との離婚決意表明した後に急いでいるのは違約金問題回避か?

この答えとしましては『その通り!』となります。

1月中ごろから既に二人は別居状態にあり、杏の心の中では離婚という選択肢が既に固まっていたのかもしれない。少なくとも離婚の比重がかなり高かったのは事実なのではないでしょうか。

「釈明会見で東出さんが謝罪した後も、夫婦が顔を合わせることはほとんどありませんでした。すでに杏さんは離婚の意思を固め、東出さん側にも弁護士を立ててほしいと伝えたといいます」

こういった行動をとっているということは、杏も東出の違約金や損害賠償金までも自分が被りたくないという意思が伺える。当たり前のことではあるが。格差婚とも言われたこともあったが、正に杏自身が『どうして私が東出の尻拭いをしてあげないといけないの?裏切られたのに!』ということなんだろう。

別居状態なのは、東出が港区の賃貸マンションに追いやられたそうだが、杏は自分の子供3人とで東京都内の住宅街にある自宅にて暮らしているようです。

東出の違約金では2億程度(サンスター、ホンダ、オンワード樫山、フジ住宅)、損害賠償金はテレビドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』で5,000万円ほどと言われていますがそういった負債を杏が抱え込みたくない理由で互いに弁護士を立てて離婚成立に向けて事を進めているようです。

杏さんは実母の由美子さんとも泥沼の訴訟を繰り広げていたこともあり、同情する声も多い様です。

スポンサードリンク

まとめ【杏の今?東出昌大との離婚決意表明した後に急いでいるのは違約金問題回避か?】

当然ともいえる内容でしたが、軽はずみとも思える東出昌大の唐田えりかとの不倫問題がもたらしたこのドタバタ劇。

芸能ネタで他人事のようにみている感はありますが、私たちの実生活においても大変勉強させられるこの二人の離婚劇だった様に思います。

参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント