スポンサーリンク

【コロナ対策】家で一人でもできること15選!暇な家時間を計画的に。

生活ウォッチ

こんにちは、サクッとインフォです!

新型コロナウイルス感染症が一時から比べると落ち着きをみせてはいますが、まだまだ感染者の報告が後を絶ちません。

予断を許さない状況が続いているということですね。

そんな状況を余儀なくされて、学校や仕事もお休みといった人も多いかと思います。

そんないつにない環境を前にして、やることが見つからなくて、唖然としてしまうことしかないのかと思いきや、工夫一つでできることがいくつかありますので、ご紹介していきたいと思います。

新型コロナでも家庭内でできること15選

【初級】家庭内でできること

読書

自分の好きなジャンルでも構いませんし、興味のあるジャンルでもいいのではないでしょうか。

活字から得られる情報というのは読んだ分だけ自身に蓄積されていきます。

日頃忙しくしている人こそ時間のある時には読書に時間を割きたいものです。

家族の時間を持つ

こういう時だからこそ家族での時間を作りたいもの。

一緒に洗濯物を畳んだりしながら会話したり、トランプやオセロなどのカードゲームで家族での交流を持つなどできましたら、より家族の絆も深まり心温まる空間となるでしょう。

漫画の一気読み

漫画好きの一部の人だけかもしれませんが、あまり読まない人もこういう時期を機に読んでみても面白いかと思います。

コツとしては、あまり漫画に詳しくなければ、今流行りであったり有名どころを選んで読むといいでしょう。

もちろんいろいろ試し読みしてみて気に入ったのがあればそちらを選んで読んでみるのがいいかと思います。

少しでも面白そうと思える漫画を読むのとまあ有名だからこれでいいかといった具合で読むのとでは、五感に刺さった漫画の方が面白いでしょうし、最後まで一気に読み切ることができると思うのです。

ゲーム

こちらはわざわざ有料の物を購入する必要もないかと思いますが、スマホでApp Storeから『ゲーム』と検索すれば無料のものが出てくるでしょうしもちろん有料のものも数多く出てきます。

筆者の私はテニスなどのスポーツ系や追撃していくようなインベーダーゲームの様なものが好きですね。

パズルなども面白いかと思いますが、ご自身で好きなジャンルやあえて苦手とするジャンルから選んでみるなど、脳に刺激を与えることは間違いありませんので、工夫して取り組んでみてはいかがでしょうか。

天体観測

望遠鏡があれば月を見たり面白さも増しますが、望遠鏡がなくても普通に目視で星座を探し当てることができるので家族で取り組んでみる価値は高いと言えます。

【中級】家庭内でできること

料理

父親がやっているご家庭も最近ではあるようですが、これを機にパパがサクッと挑戦してみるのもいいかと思います。

理由は言うまでもありませんが、母親の負担が軽減されるので、夫婦円満になることができるということです。

お父さんの味、お母さんの味で少しは違いがあると思うので、お子さんにも2つのバリエーションを提供できるのでいいことづくめなのではないでしょうか。

庭の手入れ・掃除(DIY)

こちらも家庭によると思いますが、綺麗にしているほど美しいものはありませんし、見た目も綺麗で周りの人からも良く見られます。

作業するまでに時間がかかったり、作業してみたものの凝ったりして思った以上に時間がかかってしまうことは多々ありますが、野放図に手を加えないでいるよりも遥かに効果は上がります。

家族で分担して行えば効率よく取り組めるので一石二鳥です。

家の整理整頓・断捨離

共働きのご家庭や単身家族では、日頃の整理整頓がなかなか行き届かないのも現実。

余分なものは最初っから買わない、なんでもかんでも大切に取っておかず、使っていないものは思い切って捨てる(断捨離する)か使えそうならメルカリなどで売るといった行動が家の空間を有効に使える大切なものとなりますので、ご自身で考えながら進めてみるものありかと思います。

アルバイト

アルバイトと言っても今コロナの影響で自粛要請がかかっているので『コンビニでバイトしてみよう!』ということなどちょっとしたアルバイトをすることが難しいのが現実です。

知っている方もいるかと思いますが、ネットでのアンケートをして小遣い稼ぎをするのが今の状況からするとベストなのではないでしょうか。

交換手数料が0円だったり、1ポイントを1円として換算していることや、交換先がギフト券などだけではなく現金にも換えられるというとても嬉しいものとなります。

参考ページを以下に貼っておきますので、魅力と感じて頂けましたら下記ページより進めて頂ければと思います。

【アンケートモニターでお小遣い稼ぎは下記をクリック】

筋トレ・運動

国からの自粛要請もありますから家にこもっているとどうしても運動不足になってしまいます。

極論言えば家の周りを一人で歩いたり走ったりして身体を動かすことが最も効果的だと思うのですが、筋トレグッズがなくてもスクワットをしたり、ラジオ体操の中にもありますが前屈をしたり座ってストレッチをしたり、要は自分なりにも身体を伸ばしたり動かしたりすればいいのです。

本来なら有酸素運動でそれこそ、家の周りを10周なんてこともありかと思いますが、自粛要請も出ていますしそこまで無理しなくても上で先ほど言いましたことを、時間を決めるなどしてしっかり取り組んでみてはいかがでしょうか。

重要なポイントとしましては、毎日同じことを時間を決めてなるべく(必ず)行う!という風に意識づけて取り組んでみると意外にも毎日やらないと気になるといった良い循環にハマってきますので出来るようでしたら頑張ってみてください。

デトックス

家にいる時間が多くなると、過食もしがちに。今この記事を書いています私もお恥ずかしいですが、その傾向にありまして。

ドラッグストアやスーパーなどで酵素を売っていますので、その酵素をメインに摂っていただいて日頃3食の食事を控えめにするなどして、身体を産まれた状態の時に戻す、いわゆる『デトックス』してみると腸内環境も良くなり、体調が優れてくると思います。

空腹感もあって辛い時もあるかもしれませんが、健康のためだと思って、挑戦してみてください。

スポンサードリンク

【上級】家庭内でできること

資格習得のための勉強

聴いただけでも頭が痛くなるかと思いますが、比較的取得しやすい資格も存在しますので、知っておくだけでも有利になりますので覚えておいてください。

例えば乙四と言われる『乙種第4類危険物取扱者免状』というものです。

就職や転職にも有利になりますし、場合にもよりますが、給与条件が良くなりますので可能でしたらぜひ挑戦してみてください。

日記を書く

読み書きそろばんとよく昔から言われ続けていますが、そのうちの書きにあたりますよね。

脳の刺激や活性化にもつながり、ボケ防止にも少なからず役に立つことは明確なので、一日の行ったことを懐かしみながら楽しみながら書いてみてはどうでしょうか。

副業の勉強

最近よく聞くこの言葉。メインの仕事だけでは生活していくのだけで精一杯という声も聞かれるようになりました。共働きであっても副業に取り組む人もいるようです。

ネットで副業と検索することで色々なことが書かれていますので、やるやらないは別として難しい言葉になってしまいますがマーケティングがてら調べてみるのも面白いかと思います。

老後の生活の足しにしていこう!という発想でも行動に移していけるのではないでしょうか。

英語の勉強

これは最近では必達になりつつあります。上場企業ではTOEICである点数以上取らないと昇進できないといった企業もざらに出てきました。

自動車業界大手のトヨタ自動車で導入されているのは有名な話です。

【自宅編】新型コロナでも家庭内でできること10選。暇な家時間を計画的に。

暇な時間を計画的に家庭内でもできることとしてお話して参りましたがいかがでしたでしょうか。

まだまだ選択肢は数多く存在しますので今回の記事が全て正しいとは言えませんが、一つのきっかけにでもして頂けたら嬉しく思います。

体調第一でその後に家族のために何ができるかを考えることができましたら必ずいい方向性に進むのだと確信しています。

できることから取り組んでみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント