スポンサーリンク

コロナ対策、自分でできる感染予防と行動指針をまとめてみました。

生活ウォッチ

こんにちは、サクッとインフォです!

相変わらず猛威を振るっています新型コロナウイルスですが、本当に留まることを知りません。

東京オリンピック(五輪)が延期となり来年2021年7月に開催されることが決まりました。

まだまだコロナの影響が見えない状況で、生活もしていかなくてはならないし仕事も休んではいられないという方が殆どかと思います。

個人でできるコロナ感染予防と行動指針をまとめてみましたので最後までお付き合い下されば幸いです。

コロナ感染者数全国(4月1日時点)

1,623となっています。(参考:厚生労働省HP)

コロナウイルスへの感染予防法

  • 人ごみの多いところへの行き来はなるべく避ける
  • マスクの着用
  • 手洗いの徹底。うがいをする時も手洗いをしてからうがいを行う。
  • 50度超えの熱いお茶やお湯を飲む
スポンサードリンク

自分で行う行動指針

仕事が減ったり、休業を余儀なくされている方も多くなってきていると思われます。

なので、時間的には以前と比べ余裕ができているのだと思います。

コロナはもちろんカゼにかかる要因として、疲れや睡眠不足が大きな要因としても挙げられていますので、その点も注意したいところです。

時間があるのでついつい夜更かししてしまって結果カゼになってしまって仕事も休んでしまうことに、ということになるべくならないように、こういう時だからこそ注意したいものです。

注意すべき行動指針として下記にまとめてみました。

  • 早寝早起きの徹底
  • 家の用事は時間に余裕をもって早めに済ませておく
  • 夫婦での思いやりをいつもより多く持ちお互い優しく言葉をかけるなりする
  • 夫婦での仕事を手伝ってあげる(できれば無言でサクッとできれば理想)
  • 副業に目を向ける
    「副業」というワードでネットで調べる、家の近くでできる仕事を探し見当を付けておくなどしておくといざという時に慌てることが少なくなります。
  • 普段手が回らなくできないことをここぞとばかりに済ませておく

ざっくり最低限といった感じになりますが挙げさせてもらいました。

いかがでしたでしょうか。

特に言いたいのは、普段忙しくて時間がないということをここぞとばかりに取り組んで日ごろのマイナス分を相殺しておくということなのです。

まとめ【コロナ対策、自分でできる感染予防と行動指針をまとめてみました。】

前代未聞の新型コロナウイルスによる世界各地での混乱。

コロナウイルスの発祥は中国の家畜を食べるという習慣から発生したようですが、これを機に世界保健機構を中心に世界でのルール作りなどなにか進展があればと思うところですがなかなか動くところまでにはいかなさそうなのが現状なのではないでしょうか。

世界で共有し合って生き抜いていけるようにインフラを整えるなり何かの施策に期待したいところです。

最後まで、ご購読くださりありがとうございました。

コメント