スポンサーリンク

オーケストラの特徴と楽器の種類や性質について。演奏を楽しむ方法!

音楽

私たちが住んでいるこの日本において、戦後の復興から今日まで文化においても発展し続けてきました。音楽団体は合唱団や吹奏楽など挙げられますが、今回はオーケストラについてお話していきたいと思います。

オーケストラとは

オーケストラとは弦楽器・管楽器・打楽器の集合体でつくられた団体のことを言い、管弦楽とも呼ばれています。1950年頃からでき始め今では世代に関係なく参加できるまでになりました。

オーケストラにはどんな楽器があるのか

弦楽器

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの4楽器です。
各楽器のソロでの演奏はもちろん、ピアノを入れての演奏や、弦楽四重奏で演奏されることも少なくありません。

ヴァイオリン

弦楽器の中で一番高い音を出します。それと同時にメロディーの演奏も一番多い楽器です。

ヴィオラ

弦楽器の中で二番目に高い音を出します。対旋律を弾くことが多く内声とも言われヴァイオリンの支え役ともなり、技術のあるなしで演奏もガラリと変わります。

チェロ

中低音のうち中音を担当します。弦の中では上から三番目、下から二番目の音の高さの楽器です。
ヴァイオリンやヴィオラに比べ楽器は大きくなりますが、座って演奏します。

コントラバス

弦の中で一番低い音の楽器で、全体を支えます。楽器も一番大きいことから持ち運びや保管に少々労を要しますが、その分やりがいもひとしおの楽器となります。

管楽器

【木管】オーボエ・ファゴット・フルート・クラリネット
【金管】ホルン・トランペット・トロンボーン・チューバ

オーボエ

ダブルリード楽器の中の一つの楽器です。旋律を吹くことが多く、ある意味おいしい楽器と言えます。
湿気には敏感な楽器で天気の良くない日など湿度管理に努めなければなりません。湿度が多くなるとリードがふやけてしまい、安定した音が出にくくなる傾向があります。

ファゴット

オーボエに続いてもう一つのダブルリード楽器。オーボエとは異なり対旋律を吹くことが多いです。音量はオーボエと同じで決して大きいとは言えませんが、木管の支え役として重要なポジションを担っています。ハーモニーの響きが好きだったり支えることに興味がある人には向いている楽器と言えます。

フルート

リードを使わないエアーリード式の横笛です。フルートは唇の振動を使用しないエアーリード式の楽器なので金属でできていても木管楽器に分類されます。エアーだけということもあり最初は音すら出しにくいと感じることもあるが、慣れて音が出始めると比較的楽に安定的に音を出せるので諦めずに取り組んでほしい楽器の一つと言えるのではないでしょうか。

クラリネット

リード楽器のクラリネット。本体はグラナディアという南米の木から作られその木質の楽器からこぼれる音色は人々を感動の世界へと導いてくれます。

ホルン

トランペットなどに並ぶ金管楽器の一つで近代西洋の主要な楽器の一つです。
円錐を主体とした長く丸められた楽器から出る音は柔らかく、木管楽器とも調和することから木管五重奏でもメンバーに入っています。

スポンサードリンク

トランペット

金管楽器の中では花形楽器。晴れやかで輝かしい音が特徴。行事のイベント時などでファンファーレなどでも演奏されることがあります。競馬の各発走に先立って流れる音楽でもトランペットは欠かせない存在。

トロンボーン

スライド式の楽器。音を決まって出せる以外にスライドを動かしながら出す音は曲線的な音となるため野球応援の曲の締めや特徴を出したいときにこのスライドを動かして出す音が使われることがあります。トランペットとはピストンでスライドとの違いはあるものの、形状は似ており中音域の晴れやかで輝かしい音も出すことができます。

チューバ

金管楽器の中では一番大きく一番低い音を出す。弦楽器で言うコントラバスと同じく楽器が大きいので持ち運びや保管に労を要することもあるが、全体を支えることができやりがいを感じることのできる楽器と言えます。

打楽器

ティンパニー・バスドラム・スネアー・シンバル・ハープ

ティンパニー

ティンパニまたはティンパニーと呼ばれ打楽器の一つ。主に銅製で作られ半球体の身体に脚がついている。皮が張られそこに二本のマレット(バチ)でたたく。オケの曲の中でここ一発って時に叩くことがあり金管楽器ともリズムが同じであったりする。太鼓の一種でもあることから、ここ一発でのサウンドは会場を魅了してしまうほど存在感の大きい楽器でもありやりがいも大きい。

ハープ

西洋楽器で弓(弦)を鳴らすことから弦鳴楽器と言われています。
弦楽器に属するらしいのだが、弓を使わず弦をはじいて音を出します。
弦楽器のヴァイオリンとは奏法も音色も違うので挿入楽器として用いられるようです。

静岡県プロ・アマチュアオーケストラの楽団を紹介。団員募集はしているのか?
...

プロのオーケストラとアマのオーケストラの違い

プロのオーケストラとして、NHK交響楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団などがあるが、音楽(指揮・楽器の)修士課程を経てその道で収入を得ていく活動をしている個人が集まったオーケストラをプロのオーケストラと呼びます。

一方アマチュアオーケストラは、修士課程を経ていようがいまいが、音楽をすること自体に喜びを感じ、収入にとらわれず演奏活動を行う個人が集まった団体のことを言います。

要は演奏によって金銭が発生するかしないかということでおおよそ線引きができると言っていいでしょう。

オーケストラの演奏を楽しむには

インターネットで「演奏情報」「オーケストラ」で検索すれば演奏情報が出てきます。
新聞にも「お出かけ情報」のような欄があって載っていることもあります。
プロの演奏が聴きたい!とはなから思うのであればそれで良いですが、金銭的にもある程度しますからまずはアマチュアの演奏会に行くことをおススメします。アマの中にもプロの方も少なからずいることもありますので。

まとめ

オーケストラは吹奏楽と違って屋外で演奏することは原則できません。湿度に影響する楽器であるため。春夏秋冬一年を通していつでもホールなどで演奏会が行われています。
時折、公益財団や企業などから後援をもらっている団体などでは無料のコンサートも開催されているので、情報をチェックして日頃の疲れを取るのに演奏会に出かけてみてはいかがでしょうか。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

コメント