スポンサーリンク

松本まりか「ドクターX」の中心人物に。米倉涼子を超えたのか?

エンタメ

どもどもサクッとです。

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(毎週木曜よる9時~)の第8話(テレビ朝日系、12月5日放送)に、女優の松本まりかが“失敗しないプリンセス”中山麻里亜役でゲスト出演する。

第7話までは大門未知子役演じる米倉涼子が主演であった。

第8話から中山麻里亜役の松本まりかが主演となる見通し。

ちょっと面白い流れだと思いましたので、ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」につて調べてみました。

2分くらいで読めちゃいますのでサクッと読んで終わってください!”(-“”-)”

ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」ってどんなドラマなの?

特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医の活躍を描く。

主演の米倉涼子は『ナサケの女〜国税局査察官〜』(2010年10月期)以来の木曜ドラマ枠出演となった。2012年に第1シリーズが始まり、以降連続テレビシリーズは全て秋クールに放送されている。

米倉が演じる大門医師の活躍のみならず、病院や医局を転々としながら対立する蛭間や海老名のコミカルやり取り、放送当時の流行や時事ネタを取り込んだ作風から高視聴率を獲得しており、2019年までに通算シリーズ6本、スペシャル1本が放送されている。

また、勝村政信が演じる加地役を主人公に置いたスピンオフドラマ『ドクターY〜外科医・加地秀樹〜』が2016年から放送・配信されている。

外科医の本質である手術や治療を成し遂げるために、一切の妥協を許さないのか~。

 

実際の病院などで本当にありそうな内容なので見ていて面白いかもね。

 

あんまりやりすぎると引いちゃうけどそこまでやるのかちょっと気になるし見てもいいかも。笑

毎週木曜夜9時からだから頑張れば見れなくもないかな。。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2012年10月 – 12月) – 加地秀樹 役

ドクターX〜外科医・大門未知子〜2(2013年)第8回ゲスト

ドクターX〜外科医・大門未知子〜3(2014年)

ドクターX〜外科医・大門未知子〜4(2016年)

ドクターX〜外科医・大門未知子〜5(2017年)第10回ゲスト

 

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜 主演加地秀樹 役  ドクターX〜外科医・大門未知子〜のスピンオフドラマ

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜(2016年9月29日 – 11月3日、テレ朝動画・auビデオパス)

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜2(2017年9月26日 – 10月31日、テレ朝動画・auビデオパス)

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜3(2018年9月15日 – 29日、テレ朝動画・auビデオパス)

ドクターY〜外科医・加地秀樹〜4(2019年10月6日)

 

スポンサードリンク

 

どうしてここにきて米倉の代わりに松本が出てきたのか?

これはサクッというなら、米倉が2012年からずっと演じてきてストーリ性や長編作品を続ける上でそろそろ変化が欲しいと思われたためなのではないでしょうか。

「米倉涼子大門 未知子」の画像検索結果

清楚でインテリ感あふれスタイル抜群の大門未知子役を演じる米倉涼子。

この究極を超えるほどの女医に対抗!?しうる存在の中山麻里亜役を演じる松本まりか。

これは、ビジュアル的な視点で見ていても楽しめるし、ストーリーを現実と照らし合わせて観ることで、一度で二度おいしい思いができるのではないでしょうか。

「中山麻里亜役松本まりか画像」の画像検索結果

松本まりかが米倉涼子と実際に共演してのコメントが、

まず、大門先生に対して、「私、失敗しないので」なんて言えないですよね。たった一言なのに米倉さんの前ではそれが飛んでしまうほど、このせりふには焦りました。

そりゃそーだーーー!!!ドウカンします( ;😉

米倉涼子さんは、大門未知子が自由自在。「このせりふをこんなふうに言うんだ」と、生で間近で見られて、興奮がやみませんでした。米倉さんとはたくさんお話ししたいことがあったのですが、緊張して距離を取ってしまったのが悔やまれます。

そりゃそーだーーー!!!

悔やまなくてもいーですよ!!!ゼンゼンアリアリ“(-“”-)”

そういった背景があるのは世間的(普遍的に)によめる訳で、米倉相手に松本まりかがどんな言動するんだろ!?って観るのがまた面白いんですよね~~。。

米倉涼子の身長168cm松本まりかの身長160cmでもっと差がある様にも思えたのですが、8cmとそこまで差はないまでも米倉涼子の威圧感!?を松本まりかがどのように演じるのか、終始楽しめながら観ることができそうだと思いませんか?!

松本まりかはどんな人?努力家?あざとかわいい理由を紹介!
...

松本まりかは米倉涼子を超えたのか?

ということに対しては、「No」。

超えた超えないという問題ではなく、放送期間やストーリー性などいろんな面から考えて「変化を要する時期が来た」といえるのだと思います。

米倉涼子も先輩目線で演じることはもちろんあるだろうし、松本まりかが先輩米倉に見解を求める場面があるのかもしれない。

大物女優を前になかなか声をかけることが出来なかったと語っているが。

フィクションながらも実際(の病院で)にありそうな話で興味がもてるのではないでしょうか。

最後にサクッとまとめ!?

松本まりかは、演じ終えた後に、「今後この仕事をする上で、ちょっとやそっとのことでは動じなくなるぐらい、度胸と肝が座りました。ひとつ無の境地に行ったような気がしています(笑)。」と述べている。

逆に言うとそれほど熱の入った作品が出来上がったということ、同じような並行作品でなはいこと。

こういう時こそ、実録的な要素が大きく、見入ってしまうため、最後まで一気見してしまうのかもしれませんよね。

最後まで、お読み下りありがとうございました。

コメント