スポンサーリンク

ジュビロ監督フベロは残るのか?交代なら誰がやるのか予想!5~10位

スポーツウォッチ

どもどもサクッとです。

本日2019年11月30日、ジュビロ磐田が本日J2へ降格が決定してしまいました。

名古屋グランパスとのホーム戦で2-1で勝利しましたがJ2降格の17位以下が確定したためです。

ジュビロ磐田の指揮官フェルナンド・フベロ監督も落胆を隠しきれない様子。

残留するためには十分ではなかった』とぽつり。

そんな暗い話題がでてしまったが、次節の監督は誰がやるのか予想してみましたので楽しみながらお付き合いいただけたらと思います( *´艸`)

ジュビロ来季の監督は誰がやるのか?

ベスト5位~10位をまとめてみました。

10位 吉田光範

現役時代はマルチプレーヤーでFW・MF・DFとこなす。

1980-1995にヤマハ発動機を経て磐田に在籍。

通算275試合で35得点をあげている。

あまり有名ではないが代表歴もあり1988-1993に35試合で2得点をあげている。

監督歴は、
2001磐田ジュニアユース
2007-2009磐田ユースチーム で経験がある。

いきなりの磐田監督就任は厳しそうだが、コーチ-監督という流れで次期監督候補としての動きがあるかもしれない。

9位 川口能活
「川口能活画像」の画像検索結果
日本代表歴もある元Jリーガーでゴールキーパーだった川口さん。

1994-2018の間に磐田を含め6つのチームに所属していた。

全試合数が527であるが、磐田での出場試合数は228試合。半数までとはいかないが、かなりの時間を磐田で過ごしている。

磐田の前はデンマークのFCノアシェランに在籍していた。

代表歴は2回。1995-1996にU-23で。1997-2010では普通に代表で116試合も出場している。

キーパーでありながら岡田ジャパンの時など重責の主将も幾度か務めた。

コーチ歴としてA代表とU-22代表のGKコーチに就任。

キーパー職に就かれているためチームの監督というのは難しかもしれないが可能性はゼロではない。

 

 

スポンサードリンク

 

8位 服部年宏
「服部年宏画像」の画像検索結果
現役時代はMF/DFとして活躍。磐田時代が一番長く350試合で19得点。

代表歴としては1992にU-19、1993に日本ユニバーシアード、1996-2003では44試合に出場し2得点。

2013年で現役引退。古巣の磐田の強化部長に就任。

2016年静岡県サッカー協会理事に就任している。

磐田へかかわりの深い人物。今の仕事の状況からすると、抜擢されてもおかしくない。

 

ジュビロ監督フベロは残るのか?交代なら誰がやるのか予想!ベスト5位
...

 

7位 中山雅史
「中山雅史画像」の画像検索結果
ゴンの愛称で親しまれ続けている現役Jリーガー選手。

日本プロサッカー選手会名誉会長。

磐田では1994-2009に在籍していたが、1996-1998までキャプテンを務めた。

Jでは1990-2019だが、磐田では354試合で157得点をあげている。

2015年9月、磐田時代にコーチや2004-2006に監督として指揮を執った山本昌邦が理事を務めるJFL・アスルクラロ沼津の練習に参加し、現役復帰が発表された。

年齢が52歳だけに引退を表明と同時に磐田監督に就任することもゼロではない。

6位 武田修宏

日本の元サッカー選手で現在はスポーツコメンテーター兼タレント(ホリプロ所属)。
Jリーグ通算94ゴールは8位タイ。

地元が浜松市だったため、磐田時代は1年ほどであったが、帰省してくる可能性もゼロではないのでは。

Jの中ではヴェルディ川崎で117試合60得点をあげた。

代表歴は1987-1994、18試合で1得点。

2004年からJFAアンバサダーとしてサッカーの普及に貢献している。S級ライセンスも取得している。

多方面で活躍している。

タレント業がメインであることから磐田の監督就任は難しいかもしれないが、地元に帰省を兼ねてありえないこともない。

コメント