スポンサーリンク

ジュビロ磐田の石田崚真はどこにいる?ツエーゲン金沢からどこへ?

気になる人ウォッチ

湖西市出身でジュビロ磐田U-15を経て同U-18(磐田東高校) 2015年-ジュビロ磐田に加入となったが、その前の2015年1月にある一見で仮契約を解除となってしまった。

その後、練習生として磐田に所属したのちに、2015年8月から正式にジュビロへの入団が発表された。

少々波乱があった石田だがサッカーの腕には見張るものがあり、日本代表経験も積んでいる。もったいないといった意見が多く筆者も同じ思いなのだが、今はどこでプレーしているのでしょうか。調査してみたので最後までお付き合いいただければと思います。

石田崚真は今はどのにいるのか?

ツエーエゲン金沢からジュビロに戻ったと思いきや、ジュビロでリーグ戦で1試合出た後に、

Jレノファ山口FCに行くこととなりました。ジュビロ磐田の籍はあって、期限付き移籍という形でレノファ山口へ移籍となりました。

磐田→金沢→山口ということで日本の中心→東北→中国と全国津々浦々としていますね。
当然アウェイ的な苦労もあるでしょうし、チームに馴染むのにも時間を要するので磐田にいる時とは幾分違うと思います。

それでも持ち前の明るさとタフなフィジカル、センスのあるクロスでチームの柱となることを期待されていますし、何よりも自身でふつふつと感じているものがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

石田崚真選手のコメント

ジュビロ磐田HP>ニュース>2019年8月より

この度、レノファ山口FCに期限付き移籍することになりました。
また成長の機会を下さったジュビロ磐田に感謝して、頑張っていきたいと思います。この状況でサポーターの皆様に直接挨拶ができず移籍するのは、とても心苦しいですし複雑な気持ちですが、必ず成長してきます。
ファン・サポーター、チーム関係者の方々、ありがとうございました。

尚、ツエーゲン金沢の時もそうでしたが、公式戦でジュビロ磐田と戦うときは出場できないようです。

両チームにとってウィンウィンでいられるのでありがたい制度ですね!

そして、これまでアシストばかりで自らの得点はなかった石田であったが、レノファで初得点を挙げた。

こちらがそのシーン⚽

レノファ山口への移籍選手はどこからのチームが多い?
...

まとめ

期限付き移籍で良くも悪くも力が試される。持ち前の俊足を武器にサイドバックでありながら上下動にも走ることができる石田崚真選手。言うなれば色んな駆け引きができる引き出しの多い選手。
時折素晴らしいクロスも提供する。
古巣の坪井慶介やブラジル1部で活躍していたヘナンなど経験豊富なライバルもいる中で、レノファ山口ではツエーゲン金沢同様、出場機会には恵まれると思うので、磐田の時の悔しさを存分にぶつけてほしいと願う!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コメント